ホーム > 新着情報 > 全日本クラブ男子ソフトボール選手権全国大会出場決定!

新着情報

全日本クラブ男子ソフトボール選手権全国大会出場決定!

5月14日(土)、15日(日)に美祢市秋芳北部総合運動公園で全日本クラブ選手権予選中国地区予選会が行われ、住吉工業SBCは全国大会出場が決定しました。

SBC中国予選会160514_01.JPG

我がチームは、まず14日に島根県代表のウエスターズSBCと対戦しました。
初回、幸先良く5点を先制しましたが、その後チャンスを作るものの追加点が奪えず、徐々に流れが相手に傾き始めました。
1点差まで追い上げられた5回裏、4番井上朋のソロホームランで突き放したかにみえましたが、最終回に1点失い、なおも二死二三塁、一打逆転のピンチ。
しかし最後の打者をショートゴロに打ち取りゲームセット。どうにか一勝を挙げることが出来ました。

二日目、対戦相手は広島県代表の御調ソフトボールクラブです。
この試合に勝てば文句なしの予選突破、全国大会確定だけに、皆、いやが上にも気合が入ります。
ただ、前日に比べ日差しが弱く、風も逆風気味で強かったので、ピッチャーにとっては好条件でしたが、守備時のフライへの対処に注意すること、そして何と言っても前日の大味な攻撃への反省も踏まえ試合に臨みました。
初回、バントヒットで出た坂口龍を3番長村の逆風を切り裂くホームランで先制し、その後も単打や四球を絡めて4点を先制しました。
その裏、相手先頭打者を四球で出し、前日の嫌な展開が一瞬頭をよぎりましたが、4番打者のレフト後方への大飛球を井上将がダイビングキャッチして無失点で切り抜けます。このビッグプレーで、早くも我がチームのムードは最高潮に達しました。
その後も、絶好調の6番山下の今大会二本目となるホームランや、主将北山のタイムリースリーベースなど小刻みに得点を重ねました。
守っても二度ダブルプレーを奪うなど常に良いリズムで回を重ね、14対5の6回コールドで勝利、全国大会の切符を勝ち取りました。

この予選大会2勝というのは、強豪ぞろいの中国地区においてなかなか達成できるものではなく、非常にうれしく思っております。
全国大会に向け、我がチームは愚直に競技力・チーム力向上に努め、悲願の優勝を目指します。

今後とも、住吉工業SBCに対する皆様のご指導・応援をよろしくお願い致します。

SBC中国予選会160514_02.JPG SBC中国予選会160514_03.JPG SBC中国予選会160514_04.JPG

 

  2016/05/16   管理者